トピック

「販売のための沿岸砂丘」。カボ・ポロニオ-ウルグアイ

「販売のための沿岸砂丘」。カボ・ポロニオ-ウルグアイ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

マルコス・ソマー

誰かが海との戦争を宣言した場合、彼らの最善の攻撃戦略は、生物活性が最も集中している地域である海岸を標的にすることです。残念ながら、これは、もちろん、意図的な攻撃としてではなく、ウルグアイ政府の現在の経済発展モデルのために、カボポロニオ-ウルグアイでの人間の活動が傾向を示すものです。


ホセ・ムヒカ。大統領。ウルグアイ東洋共和国(2011年6月)

カボポロニオの砂丘(ロチャウルグアイ県にある国立公園とスパ)の国立植民地化研究所への移転と、ホセムヒカ共和国大統領の民営化の考えは、統合沿岸管理戦略を生成するポリシー。 「それは農業や家畜には役に立たない。夏のトカゲに使われ、美しい大西洋岸であり、「これは積み重ねる価値のある断片に仕上げなければならない」と彼に言った。観光客が来るだろう、彼らは家を建てようとしている(…)売ると言ったら、「どうやって民営化するのか」という環境運動が出てきて、きっと民営化していきます。羊毛は大金を払い、そのガイドで私たちは入植者を持つために土地を購入します」(原文のまま)。したがって、共和国大統領のホセ・ムヒカは、セロラルゴ県での演説で、カボ・ポロニオの砂丘の土地を民営化するという考えを伝えました。出典:ElPaís新聞2011年6月1日。リンク:http://www.youtube.com/watch?v = ip0KdvEvwTY

誰かが海との戦争を宣言した場合、彼らの最善の攻撃戦略は、生物活性が最も集中している地域である海岸を標的にすることです。残念ながら、これは、もちろん、意図的な攻撃としてではなく、ウルグアイ政府の現在の経済発展モデルのために、カボポロニオ-ウルグアイでの人間の活動が傾向を示すものです。


GEO 2008のレポートによると、ウルグアイの人口330万人の69%は、国内総生産の75%を生産する沿岸地帯またはその近くに住んでいます。この地帯に含まれる行政単位では、コロニアの部門が、サンホセ、モンテビデオ、カネロネス、マルドナド、ロシャの平均人口密度は1 km2あたり101人で、ウルグアイ全体では18人/ km2です。最も発展した都市、国の首都、主要な温泉はこの海岸にあります。さらに、同じ地域はほとんどの産業と集約農業の本拠地であり、観光と輸送の重要なハブです。沿岸管理は、それ自体が複雑であり、この地域には、地方自治体の管轄区域や他の州機関の重複に現れる大きな政治的行政的断片化があるという事実のために、より問題になります。陸と海の間の幅が可変である、境界ゾーンとしての海岸の領域と環境特性のこの使用は、海洋の生態学的条件に直接影響を及ぼし、逆もまた同様です。領土の狭い帯には、優れた自然価値の場所があることも注目に値します-国の植物種の1/3が沿岸地帯にあり、国の鳥の46%が沿岸環境を使用し、海事の39%が漁業資源に関連する保護のカテゴリーを持つ領域-ある程度の脆弱性と動的バランスを備えた人間によって作成された景観(Gómez&、2008)

毎年、この国を訪れる約200万人の観光客の78%が夏を沿岸地域で過ごします。2009年には、観光業が経済に約9億5,000万ドルを注ぎ込み、初めて肉を上回りました。売上高による最大の貢献(Robayna、2009年、観光省、2010年)。

国連によると、世界で最も貧しい人々の2,000万から3,000万人が、仕事の期待に誘発されて、毎年農村部から都市部、特に第三世界の大都市に移住しています。世界の人口の少なくとも半分が100kmの沿岸地帯に住んでいると推定されています。


1829年、名誉ある一般構成員および立法議会は、モンテビデオ市を取り囲む壁を破壊するプロジェクトの開始を布告しました(図1)。

テクニカルレポートは、このプロジェクトは収益性が高く、都市を新たな地平に開放し、市民の安全の脆弱性に関してリスクはないと予測しました。非の打ちどころのない研究。

大きな間違いは、それがプロジェクトの経済的利益に焦点を合わせた議論にのみ基づいており、植民地鎖の解放の象徴によって生成された近視によって供給されたということでした。壁から石を引き抜くことで、大規模な道路工事などの公共事業に取り組むことができました。再び完璧。視力の欠如があったことを除いて。しかし、その当時、城壁に囲まれた万里の長城が、150年以上後、短期的な技術プロジェクトよりも数千倍も収益性の高い観光名所の素晴らしい中心地になると誰が考えたでしょう。本当に少数の人。それに対していくつかの声が上がったが、プロジェクトの合理的な力強さの前に、偉大な先見の明のある人の直感は、その時代と私たちの時代の一般的な実証主義の前に落ちた。文明の啓蒙主義以来普及してきた純粋でほとんど宗教的な合理性とは異質な考えだけが、余暇の消費傾向の過程の特定のビジョンを達成することができました。壁が崩れ、ウルグアイをスペイン植民地の最大の観光の中心地に変える可能性は永遠に失われました。モンテビデオの壁とカボポロニオ砂丘などの将来の販売との類似点は、統合沿岸域管理の非合理的な影響が無視されていることです。


約80年前まで、ウルグアイは海岸沿いの広大な砂丘地帯であり、広い乾燥した砂浜が特徴でした(Campo et al、1999)(図2)。非常に短い時間で景観が変化し、多くのビーチに砂丘がなくなったり、深刻な被害を受けたりしたため、砂が急速に失われています(Sommer 2004、Goso2011)。

ウルグアイでは、大西洋の海岸線の長さは約250kmです。これらの海岸平野の地形的特徴は、過去5000年間に海の連続的な海進と海退によって形成され、川と海の湖のシステムと組み合わされた平行な砂丘コードをもたらしました(García-Rodriguez、2002)。この沿岸帯は、元の状態では、通常、活発な砂丘環境またはまばらな植生被覆に関連しています。動的な観点から見たそのビーチは、不安定な平衡状態にあると特徴づけることができます。つまり、沿岸の漂流による流出と同等の堆積物(砂)の流入に依存します。

20世紀半ばまで、ロチャ県の沿岸システムは、一般的な南西風と北東風の作用による広大な移動性砂丘によって形成されていました。現在、このシステムはカボポロニオ地域に限定されています(Panario et al。、1993)(図3)。この地域は、ウルグアイ沿岸で最後の活発な砂丘システムです。ケープは30ヘクタールの岩場で、大西洋から15メートルの高さがあります。険しい地点の両側には、ラカラベラとプラヤスルの2つのビーチがあります。このシステムには、大西洋岸のビーチの45%に相当する92kmのビーチが含まれます。背後には、刻々と変化する地平線のように、移動する砂丘があります(Piñeiro1993)。


1940年代に、州はシステムの北へのルートを進んだ侵略的な砂丘の植林を開始し、1970年代の初めに、アカシアの障壁を通り抜けてアクセス道路を建設するためにシステムを横方向に切断しました。松は、海岸に到達すると、岬に到達するまでそれと平行に続きました(Panario&、2005)。

植林は、南西からの砂の通過を防ぐことにより、砂丘システムの機能に一連の変化をもたらしました。これは、最初に砂丘間の距離の増加と高さの減少で表され、次にそれらの形態の変化で表されました。 。森林障壁近くの砂丘で始まったこのプロセスは、30年の間に砂丘フィールドのほぼ全体に到達しました(Panario&、2005)。

ケープは「砂丘の国定公園」として宣言されており、実施中の管理計画の対象となっています。沿岸の砂に関連して、特徴的な先駆的な植生が見られます(Dillenburg et al。、1992、Delfino et al。、2005)。一部の種は固有種ですが、分布が広い他の種は、この生態系を特徴付けるさまざまな非生物的要因(塩分、高蒸発、強風、恒久的な太陽)に応じて形態学的変化を示します(Alonso&Leoni、1994)。

砂丘の生態系は脆弱なシステムと見なされています(Defeo et al。、2005)。沿岸砂丘は、それらが提示する微小環境の多様性の点で、空間的不均一性が高いコミュニティを構成し、その中には大幅に変化する物理的要因があります(Panario2005)。さらに、砂丘システムでは、植生被覆によって与えられる安定化の程度に関して大きな違いがあります。一般に、ビーチの安定化の程度が低いものから高いものへの勾配が内陸で観察されます(Monserrat2009)。

ウルグアイの歴史を通して、沿岸地帯は人間社会の重要な開発の中心地でした。輸送と貿易のための海の使用とその生産性の高い沿岸水域での豊富な食料の入手は、沿岸地域の人口の定住の要因を決定しています。それらは、さまざまな交換源がある海洋と動的平衡にある生態系です(Defeo et al。、2008)。

過去10年間のウルグアイ沿岸では、集中的な内部移動の結果として沿岸域への人的圧力が高まり、1985年から1996年の間に一部の地域の人口が3倍になりました。たとえば、モンテビデオに隣接するシウダデラコスタの人口は、1990年代に93%増加し、その期間のラテンアメリカで最も人口動態が増加しました。今日12万人以上が集まるこの地区の拡大は、衛生インフラや都市計画を伴わず、これはその沿岸地帯に劇的な影響を及ぼしました。シウダデラコスタのビーチの消失は、川に流れ込み、以前は湿地に限定されていた雨水の管理ミスによるもので、現在は無秩序な都市化によって消失しています。ウルグアイの南海岸での制御されていない人口増加は、大西洋の水と合流するラプラタ川の水域を広範囲に悪化させました(Sommer、2005)。沿岸域と淡水コースは非常に重要な生態系であり、行動は海洋の生態学的条件に直接影響を及ぼし、その逆も同様です(LópezLabordeetal。、2000)。

ウルグアイの沿岸地域は、生息地の破壊、水質汚染、海岸侵食、資源の枯渇といった深刻な問題に直面しています(UNEP、2000年、レイモンド、2011年)。変化は、次のような環境的、社会的、経済的問題の形で現れます。


海岸の汚染と生息地の破壊は密接に関係しています(図4)。


ウルグアイの海岸のいくつかの地域は、産業および都市の目的で使用されているか、港湾インフラで飽和しています。前述のすでに統合された経済に直接かつ即時の機能的損傷がないため、沿岸水域をきれいに保つという社会的圧力は最小限です。活動(Menafra。et。al、2006)。産業、火災、採掘(砂の採掘)、港湾、住宅開発は、ひどく汚染された沿岸水域が下水道に変わったとしても、大きな問題なく運営を続けることができます。程度は低いですが、ビーチツーリズムでも同様のことが起こります。ビーチは、一年の特定の時期に、または一年を通して断続的に、汚染された水に浸されます(図5)。


ウルグアイの沿岸および海洋汚染問題には、3つのよく特徴付けられた発生源タイプがあるようです(UNEP.2000)。

  1. その場所と計画の欠如が廃液と固形廃棄物の最終量の増加につながり、水域を受け入れる際の有機物の負荷を増加させる都市中心部。
  2. 最終的に沿岸環境に到達する肥料や農薬が使用される農業生産地域。 Y、
  3. ブラジルを起源とし、パラグアイとアルゼンチンを通り、農業、工業、都市の両方を横断する巨大な流域を形成するグレートプラタ盆地からの残留物を水に含むリオデラプラタの影響。

大西洋システムは脆弱性が少ないように見えますが、劣化の脅威も常に受けています。

海洋環境の経済的利用の基礎を構成することに加えて、それらは地球規模の気候の安定性と生物多様性においてかけがえのない役割を果たします(Brazeiro et al。、2003)。海洋の光合成は、大気中の二酸化炭素のレベルを緩和する生物ポンプをトリガーするものであるため、「温室効果」ガスの蓄積のこの時点で非常に興味深いものです。残念ながら、海岸の乱獲と環境悪化、および非常に重要な他の問題は、将来にとって重要な特定の行動を引き起こしました。それほど壮観ではありませんが、より遍在し、最近ではより破壊的であるのは、沿岸生息地(カボポロニオ)を全滅させるゆっくりとした継続的な侵入、漁獲量の慢性的な過剰、および陸上で行われる活動による汚染です。

沿岸生息地の喪失(将来のカボポロニオ)は地球規模の問題であり、生物多様性に富んだ生産的な海洋環境に影響を及ぼします(Levin et al、2001)。ラプラタ川と大西洋で終わる汚染の約4分の3は、陸上での人間の活動(有機性廃棄物、堆積物、病原体、油とその派生物、および持続性の有毒物質)によるものです。

一方で、経済発展による人間原理の圧力の高まりにより、生物多様性が持つ並外れた価値の認識とともに、その脆弱性を認識する人が増えています。この意味で、Meffe and Carroll(1997)は、人類に提供する貴重なサービスを維持するために、自然の生態学的完全性を保護する緊急の必要性について合意に達したと主張しています。海洋生物多様性、特に沿岸生物多様性は、漁業資源、レクリエーションおよび観光地域、化学製品などの重要な一連のサービスと商品をサポートしています(Roig etal。2006、Monserrat2010)。 Constanza(1997)は、海洋の貢献は人類の幸福への合計21兆ドル/年であり、25兆ドル/年の世界の純生産と比較して、60%が沿岸システムによって貢献されていると推定しています。

ウルグアイの漁業部門(MERCOSUR)は、魚の資源の枯渇、資本過剰と植物の閉鎖、生息地の劣化、管理規制と違法行為の不遵守、職人と産業の船団間の競争の激化など、ますます大きな問題に直面しています( Norbis et al。、2006)。南大西洋西部の商業的に利用可能な魚の資源の80%以上、および太平洋北東部の40%は、乱獲または枯渇しています。国連食糧農業機関(FAO)によると、世界中の漁場は枯渇の危機に瀕しています(図6)。発展途上国の人々の60%は、動物性タンパク質の40〜100%を魚から得ています。海洋での海洋生産性の低下の結果は、を構成する何億人もの人々の生と死の違いを意味する可能性があります。地球上で最も貧しい人口(Sommer M.、2010年)。


最近までウルグアイでは、環境と持続可能な開発に関連する改革と政策の多くは、土地資源と生態系に焦点を当てていました。また、森林資源、土壌、淡水に焦点を当てた立法上および制度上の改革もありました。 2009年7月20日の法令により、カボポロニオと、トーレス諸島およびカスティージョグランデ諸島を含む5航海マイルの海域は、「国立公園」のカテゴリーで保護された自然地域として宣言されました。国家保護自然地域システムは、2000年2月22日の法律第17,234号によって確立されました。

ウルグアイは、Intergraded Coastal Managementに関するすべての国際協定を批准しており、ラプラタ盆地(1969)、リオデラプラタとその海事戦線(1974)、MERCOSURの環境に関する枠組み協定(2001)などの地域条約も遵守しています。持続可能な開発と環境保護を目的とする人々。

国レベルでは、領土組織と持続可能な開発に関する法律(LOTDS;法律13.308、2008)は、土地利用計画と持続可能な開発のための一般的な枠組みを確立し、問題への計画、参加、行動のための能力と手段を定義しています。特に、国家レベルの文書の中で、沿岸地域ガイドラインの策定が確立されており、その原則は、沿岸地域の多様性と独自性を尊重し促進し、促進における官民のイニシアチブの協力を促進することである。統合沿岸管理フレームワーク内の行動。


管理スキームの正式な採用は、沿岸域の統合管理の予備的識別段階から開始された合法化プロセスの終わりです。 EcoPlata機関は、ウルグアイ政府とカナダ政府の間で覚書に署名することにより、1991年にプロセスを開始しました。これは、両国の海洋科学の分野で能力を持つ研究者と機関のチームを統合するためです。 。当初の主な目的は、ラプラタ川の水産資源の劣化を防ぐために、学術部門と漁業部門の両方の人材の強化に貢献することでした。

この合意と合法化のプロセスのおかげで、EcoPlataプログラムの管理ユニットは、1つまたは複数の地域のローカルマネージャーの前で社会的責任を生み出しました。これは間違いなく、統合された国家管理戦略の構築のための理論的枠組みとして機能しました。沿岸域、国家レベルでのこの概念の実施が認められている(EcoPlata2007)。

沿岸環境の保護に対する懸念は長年続いていますが、近年、法規制の制定が進んでいます。この能力と管轄権の重複は、制度間の明確化の欠如と調整の困難につながり、沿岸の問題を解決するための具体的な行動を計画および実行する際に対立を引き起こすことがあります(Gómez2011)。これが、2001年5月23日付の政令/ nを通じて、統合沿岸管理を支援するための調整委員会が創設され、沿岸問題に精通した国および省の関係者によって共有された理由です。同じ事務局はEcoPlataプログラムの管理ユニットによって行使され、この委員会の目的は次のとおりです。 EcoPlataプログラムの作業部会によって提案されたタスクまたは作業の実行を促進し、沿岸資源の保全と持続可能な開発を目的として、沿岸問題に関して前述の機関によって実行される活動の調整を促進し、参照地域の沿岸問題(Ecoplata2006)。

それは、沿岸管理計画の設計と実施、活動の管理のための調整と合意の開発、沿岸力学の知識の深化、市民社会の強化、沿岸海洋生態系の保護に関する意識の発展において、省庁を支援します。また、統合沿岸管理モデルを実装し、この生態系で実行される活動の監視を改善するための利害関係者の参加を促進します。このユニットは、国家予算からの資金の割り当てを持ちます。これは、ICZMが多目的管理を容易にし、システムの機能的整合性とリソースの一定の流れを維持することを認識して、国内で初めて関連性が与えられることを意味します(Gómez2011)。

要約すると、EcoPlataは初期段階で、既存のデータの編集と沿岸問題の特徴づけに必要な情報の生成(図7;フェーズ0)および国立機関の研究能力の強化(図7;フェーズ1)。また、EcoPlataが、沿岸域で法的権限を持つ管理者と地域コミュニティとの間の議論と行動の明確化の領域として認識されていることも非常に重要です(図7;フェーズ2)(EcoPlata2006)。


2011年4月の領土計画のための全国委員会は、より恒久的な全国沿岸管理プログラムを実施するための沿岸空間に関する国家指令の法案を承認しました。これらの要素は次のとおりです。

  1. 沿岸管理のために提案された目標と、検討されている沿岸管理における地域のイニシアチブの中期目標(5年から10年)の声明。
  2. 最も差し迫った沿岸問題に関連する行動のための一連の政策と優先事項。
  3. 実行を開始するための適切な管理構造が存在することのデモンストレーション。
  4. 提案された活動の相互関係と複合的な影響が特定されている、問題の沿岸地域の開発と保全のシナリオの明確化。

沿岸および海洋生態系の状態は、ウルグアイの持続可能な開発の効果的な指標です。上流の排水のために水を受け取るとき、河口と湾は、汚染と侵食の制御手段がどの程度機能するかを示すことができます。

秩序ある開発(漁業、ビーチ、観光など)は、当然、各セクターでの適切な行動の結果であるという仮説は、法規制が適切に遵守されていても、それが適用されたすべての国でほとんど否定されています。全体のダイナミクスは部分の合計以上のものであり、統合管理には全体的かつ長期的なビジョンが必要であり、地域のゾーニングと順序付けに対する地方自治体の計画の準備を奨励し、構築するゲームのリソースと一貫したルールを受け入れますサイトごとに、そして地元の参加を得て、新しい現実は統合沿岸管理の重要なメカニズムであるように思われます。

どこでも同じことをすることは不可能です。自然の法則は多様性です。

多様性は観光活動の最大の魅力の1つであり、ビジネス上の利点の源です。ウルグアイの乏しい経済資源とポーランド岬の可能性の多様性を考えると、計画の努力を集中する領域を選択するための簡単な基準があると便利です。

1)現在集中的な使用をサポートしている領域、または長期的に経済活動を維持または拡大するために重要であり、今後も重要となる領域。

2)現在、さまざまな経済慣行や活動の影響を直接受けており、その機能が望ましくない影響を緩和することでなければならない地域。

3)現在保護されている、または重要な自然資産と機能(資源保護アンカー)の保護に関連する機会を提供し、低強度の使用を受け入れることができる地域。

4)自然現象の影響に対するリスクの高い領域。

マクロゾーニング研究は、沿岸計画を進めるための基本的な要件になるはずです。マクロゾーニングは、沿岸地域の計画とその用途を定義するための要素とデータを提供するオリエンテーションツールです。基本的な目標は次のとおりです。この情報を使用して、中期的に海岸のビジョンを投影する。

に。過去30年間の土地利用の変化を視覚化します。
b。沿岸の端の物理的特性を記録します。
c。深浅曲線を視覚化します。
d。自然事象の影響によるリスクエリアを登録します。
そして。人口と産業の分布を記録します。

従うべき方法論は、次の3つの段階に分けることができます。

に。利用可能な地図作成および統計情報のデジタル形式での体系化と統合。
b。収集された情報に基づく沿岸域の変化の特徴づけ。
c。協議段階。これらは次の方法で実行する必要があります。

  • 各州の状況と期待についてさまざまな見解を得るために、沿岸問題のビジネスリーダー、政治家、専門家にインタビューします。
  • 教育者、当局、指導者、ビジネスマンなどとのワークショップ。ここでは、変更を促進するために必要な特性を決定できます。

マクロゾーニング調査に基づいて、作業アジェンダを作成するための情報が取得されます。議題は、行動の優先順位と、海洋生態系の保全と回復のために従うべき方針を特定します。

この議題は以下に焦点を当てることができます。

a)都市開発区。すでに確立されたエリアで都市の使用を維持します。必要なサービスが存在しないコミュニティや都市での計画外の開発を管理し、最小限に抑えます。液体、固体、気体の都市および産業排出の基準を定期的に調整します。未処理の下水や固形廃棄物(特にプラスチック)の海水への排出を最小限に抑えます。

b)港と航路。現在の水に依存する用途を保護し、維持します。エリアを内部的にゾーニングし、ナビゲーションに関連するアクティビティ(造船所、アクセスなど)の継続性を確保します。

c)浚渫の影響を最小限に抑えて、環境の自然な質を保護します。

d)観光。観光客が集中的に利用できるようにビーチを維持し、必要な基本的なサービスを提供します。

e)住宅開発、選択的かつ低強度の観光。適切な引き出しエリアを定義して実装します。ビーチへの公共アクセスを維持します。これらの地域の景観特性を維持する中小規模の保全地域を含む、住宅とインフラストラクチャの場所と建設のための慣行を開発します。

マクロゾーニング研究を成功させるには、次のアクションを実行する必要があります。

1)次の10年の沿岸管理のためのウルグアイ政府の議題を構成する。

2)マクロゾーニングの決定を持続可能な開発のために提案された政策と結びつける。

3)地方自治体が沿岸管理のための特別基金を適用するための前提条件として、沿岸地域の地方自治体の条例とその修正のための公聴会のメカニズムを確立する。

4)戦略計画を作成し承認する市町村へのインセンティブ、適用のための条例、および計画を修正するための公の協議のメカニズムを含むカレンダーを作成する。

ウルグアイがその資源の使用を改善し、あまり良くない賢明な慣行からそうである他の人に移行する場合、それは持続可能な使用への道を進んでいる可能性があります。現在の混乱を自治体が実施する取り決めに変えると、より多くのゾーニングされたスペースが実現され、より少ない紛争で投資が行われ、ある用途が別の用途に影響を与えないようになります。

マクロゾーニングの利点は次のとおりです。

a)沿岸地域の成長レベルに直接影響を及ぼし、その結果、住民の生活の質を向上させます。
b)大学、ビジネスマン、そして国民から、あらゆるレベルの政府指導者に焦点を当てる。沿岸管理アジェンダの目標と課題について。
c)生産性と生産性を優先する投資の優先順位。
d)沿岸資源に関する政府と利用者の計画と責任を促進するメカニズムの開発。
e)現在の投資とその多様化のために、長期的に好ましい環境条件が徐々に回復する。

La macro zonificación es un trabajo complejo que debe abarcar las necesidades de los departamentos costeros conversando directamente con los usuarios y autoridades. En cada departamento la gente que apoya el proyecto de manejo de recursos costeros coordinara la información y convocará a talleres. En uno de ellos se recibe la reacción de la gente frente a la información recolectada y en el segundo lugar es para asegurar que es correcta la información y compresiones colectadas.

Debido a las masivas inversiones, en gran medida, sin ninguna planificación: en sectores como zonas urbanas costeras, el turismo, la expansión portuaria y las instalaciones industriales, las zonas del Uruguay son objetos de una acelerada transformación en cuanto al uso de la tierra y a los conflictos asociados con tales cambios.


Dr. Marcos Sommer – Citar este artículo: Sommer, M. (2011)."Dunas costeras en venta". Cabo Polonio – Uruguay. Revista Pesca (Worldwide circulation magazine). N.: 122 w – 07/11.

Referencias:

– Alonso Paz, E. & Leoni, L. (1994). Monte psamófilo espinoso. Una imagen de lo que fue la costa uruguaya. Boletín Bañados del Este. Rocha: PROBIDES, n. 2, p. 12

– Brazeiro et al.(2003) Áreas prioritarias para la conservación y manejo de la integridad biológica del Río de la Plata y su Frente Marítimo. Informe Freplata

– Campo, J., Bacigalupe, A., Costa, B. & Pistone, G. (1999). Conservación y restauración del matorral costero. Documentos de Trabajo 20, PROBIDES, Rocha, Uruguay

– Costanza et al. (1997). The value of the world’s ecosystem services and natural capital. Nature 387: 253-260.

– Dillenburg L. R.; Waechter J. L.; Porto M. L. (1992). Species composition and structure of a sandy coastal pain forest in northern Rio Grande do Sul, Brasil. In: SEELIGER, U. (Ed.). Coastal plants communities of Latin America. San Diego: Academic Press. p. 349-366

– Delfino, L. & Masciadri S. (2005). Relevamiento florístico en el Cabo Polonio, Rocha, Uruguay. IHERINGIA, Sér. Bot., Porto Alegre, v. 60, n. 119-128

– Defeo, O.; Lercari, D.; de Álava, A.; Gómez, J.; Martí-nez, G.; Celentano, E.; Lozoya, J. P.; Sauco, S.; Delgado, E. Ecología de playas arenosas de la costa uruguaya: una revisión de 25 años de investigación. Libro: Bases para la conservacïón y el manejo de la costa uruguaya. v.: 1, p.: 363 – 370, Uruguay

– Defeo O., McLachlan A., Schoeman D.S., Schlacher T.A., Dugan J., Jones A., Lastra M., and Scapini F. (2008). Threats to sandy beach ecosystems: A review. Estuarine, Coastal and Shelf Science 81: 1-12

– Defeo, O.; Horta, S.; Carranza, A.; Lercari, D.; de Álava, A.; Gómez, J.; Martínez, G.; Lozoya, J. P.; Celentano, E. (2009). Hacia un manejo ecosistémico de pesquerías: Áreas Marinas Protegidas en Uruguay. Número de volúmenes: 1, Nro. de páginas:122, Edicion: 1,Editorial: MASTERGRAF SRL , Montevideo

– Defeo, O. et a l . 2006. En: Menafra, R.; Rodríguez-Gallego, L.; Scarabino, F. y Conde, D. (Eds). Bases para la conservación y el manejo de la costa uruguaya. Vida Silvestre Uruguay, Montevideo. pp: 363-370.

– Defeo, O, Mclachlan A; Schoeman D., Schlacher, DUGAN J.; JONES A., LASTRA M., SCAPINI, F. Threats to sandy beach ecosystems: a review. Estuarine Coastal and Shelf Science, v. 81 , p. 1-12.

– EcoPlata 2005. Conectando el Conocimiento con al Acción para la Gestión Integrada de la Zona Costera Uruguaya del Río de la Plata. Documento de Proyecto URU/06/016; www.ecoplata.org

– EcoPlata 2006. Sinopsis del Proyecto EcoPlata. Publicación periódica, EcoPlata. 24 pp. www.ecoplata.org

– EcoPlata 2007. Elaboración de una estrategia para la Gestión Integrada de la Zona Costera en Uruguay. Plan de Acción. 51 pp. www.ecoplata.org

– EcoPlata 2010. Estrategia nacional para la gestión integrada de la zona costera 2010 – 2015. Un paso adelante en la gobernanza costera. 31 pp. www.ecoplata.org

– Fernández, V., Acha, M., Brazeiro, A, Gómez, M. y Mianzan, H. (2007) Identificación de áreas de conservación de biodiversidad: técnicas de SIG aplicadas al Río de la Plata y su Frente Marítimo en Memorias de la XI Conferencia Iberoamericana de Sistemas de Información Geográfica (XI CONFIBSIG), Buenos Aires, Argentina.

– García-Rodriguez, F. (2002). Estudio paleolimnológico de lagunas de Rocha, Castillos y Blanca, sudeste del Uruguay. 228f. Tesis (Doctorado en Biología – Opción Ecología) – PEDECIBA, Facultad de Ciencias, Montevideo.

– Gómez, M. y D. Martino 2008. GEO Uruguay. Zona Costera Cap. 3. pp: 118 – 176. Publicado por el PNUMA, Oficina Regional para América Latina y el Centro Latinoamericano de Ecología Social

– Gómez M., (2011). Un cambio en el modelo de gestión de la zona costera uruguaya: EL Programa Ecoplata. Problemática de los Ambientes Costeros.López R.A. & Marcomini S.C. Editorial Croquis. 1-193 pp

– Goso C., (2011). Geología y problemática costera del Dpto. de Canelones (Uruguay).Editorial Croquis. 77-95 pp.

– Kurucz A., Masello A., Mendez S., Cranston R. & Wells P., (1997), Calidad Ambiental del Río de la Plata, El Río de la Plata Una Revisión Ambiental

– Levin L., R. Etter R., Michael A., Gooday A., Smith C., Pineda J., Stuard C., Hessler R. et al. Pawson D. (2001). Environmental influences on regional deep sea species diversity. Ann. Rev. Ecol. Syst., 32: 51-93.

– Lopez Laborde, J. et al.(2000). Diagnostico Ambiental y Socio-demográfico de la Zona Costera Uruguaya del Río de la Plata: compendio de los principales resultados. Ecoplata, Montevideo

– López R. & Marcomini S. (2011). Problemática de los ambients costeros. Sur de Brasil, Uruguay y Argentina. 1-193pp.

– Menafra R., Rodríguez-Gallego L., Scarabino F., & D. Conde (2006). VIDA SILVESTRE URUGUAY, Montevideo. i-xiv+668p

– Meffe, G.K., &. Carroll C.R.. Principles of Conservation Biology. Sinauer Associates, Sunderland, Mass. 729 pp.

– Monserrat, A. Breve análisis de las herramientas de manejo de los recursos naturales en la costa marina de Buenos Aires, Argentina. Revista de Medio ambiente, Turismo y Sustentabilidad. Edición especial de Manejo, Gestión y Certificación de Playas. Vol. 2 No. 2, 25-32. ISSN 1870-1515

– Monserrat A.L. y C.E. Celsi. Análisis regional de la costa pampeana austral en el marco del sistema de áreas protegidas y caracterización de un área clave como reserva, en el partido de Coronel Dorrego. Bioscriba 2(1):1-2

– Monserrat, A.L (2010). Evaluación del estado de conservación de dunas costeras: dos escalas de análisis de la costa pampeana. Tesis doctoral. 211 pp.

– Norbis, W., Paesch L. & Galli O. (2006). Los recursos pesqueros de la costa de Uruguay; ambiente, Biología y Gestión. En: Menafra R., Rodriguez-Gallego L., Scarabino F. & D.Conde. Eds. I-xiv+688pp. 197-209.

– PNUMA (2000). Diagnóstico Regional sobre las actividades realizadas en tierra que afectan los ambientes marinos costeros y dulceacuícolas asociadas en el Atlántico Sudoccidental, Superior. PNUMA Nº 170

– Panario D., Pineiro G., De Alava, D., Fernández G.. Gutierrez O., Céspedes C. (1993). Dinámica sedimentaria y geomorfológica de dunas y playas en Cabo Polonio, Rocha. Montevideo: UNCIEP, Facultad de Ciencias.35 p.

– Panario D. & Gutiérrez O. La vegetación en la evolución de playas arenosas. El caso de la costa uruguaya. Ecosistemas. 2005/2 http://www.revistaecosistemas.net/…

– Piñeiro, G. y Panario, D. 1993. Montevideo, UNCIEP, Facultad de Ciencias, 35 p. y anexos.

– Roig F.X., Rodríguez-Perea A. y J.A. Martín. Análisis crítico de las medidas de valoración de la calidad turística y ambiental de los sistemas litorales arenosos. Territoris. 6: 27-44

– Robayna, A. 2009. Presión Antrópica en la costa uruguaya: Análisis de indicadores sobre turismo y transporte. 36 pp. www.ecoplata.org

– Raymond W., (2011). La otra cara de un Uruguay no tan natural. http://www.observatorio-minero-del-uruguay.com…

– Sommer M., (2004). "Arrasan Sus Dunas" Punta del Este-Uruguay. https://www.ecoportal.net/…

– Sommer, M. (2010). Sobrepesca. "El fin de la línea". Revista Pesca. N.: 104 web 01-10. http://www.revistapescaperu.net…

– Sommer, M. Río de la Plata” sordos, ciegos e inconmovibles. Revista Electrónica de la REDLACH. Número 3, Año 2.

– Sommer, M. N.: 121 w – 07/11.

– Viana F., (2009). La zona costera del Uruguay: biodiversidad y gestión. SANTILLANA SA. p.49

– Trimble M., Ríos M., Passadore C., Szephegyi M., Nin M., García Olaso F., Fagúndez C., Laporta . P. A.(2010). Ecosistema Costero Uruguayo. Monteverde & Cía. S.A. 337 pág. ISBN: 978-9974-98-056-3



コメント:

  1. Keshav

    おそらく。

  2. Arav

    本当に美しく、ただだけではありません

  3. Byron

    ワッカー、それは必要なフレーズ...、素晴らしい考え



メッセージを書く