トピック

WMO:この10年は「記録上最もホット」でした

WMO:この10年は「記録上最もホット」でした

国連機関であるWMOによると、この10年間は​​、これまでの記録で最も暑い時期でした。 2019年だけでも、1850年から1900年までの産業革命前の時代の気温は平均より1.1度高く、今年はこれまでに記録された中で最も暖かい2〜3回の1つでした。

2019年にいくつかの気象記録が破られました。昨年の夏、ヨーロッパ、インド、その他の地域の大部分で極度の暑さが襲った。世界気象機構によると、これらの熱波も単なる異常ではありませんでした。

「2019年は、人間の活動からの温室効果ガスによって引き起こされる、例外的な世界的な熱、氷の後退、記録的な海面の10年を締めくくります」とWMOは言います。 「記録された平均気温で、2019年は記録上2番目または3番目に暖かい年になる予定です。」

科学的コンセンサスは、地球の気温の絶え間ない上昇は、化石燃料の燃焼による大気中の二酸化炭素濃度の上昇に起因すると考えています。昨年、CO2濃度は407.8パーツパーミリオンの記録的なレベルに達しました。今年、それらはさらに上昇し、国連は、今後数年間でより大量の化石燃料が燃焼され、世界的な気候緩和の取り組みを損なうと警告しています。

「CO2は大気中で何世紀にもわたって持続し、海洋でさらに長く持続し、気候変動を阻止します。グリーンランドと南極大陸の氷床が溶けたため、1993年の衛星測定の開始以来、海面上昇は加速しています」とWMOは述べています。

「熱と二酸化炭素を吸収することで緩衝材として機能する海は、高い代償を払っています。海洋熱は記録的なレベルにあり、広範囲にわたる海洋熱波がありました。海水は、工業時代の初めよりも26パーセント酸性です」と国連機関は付け加えています。

「重要な海洋生態系は劣化しています。 2019年9月の北極圏の海氷範囲の1日の最小値は、衛星記録で2番目に低く、10月にはさらに多くの記録的な広がりが記録されました。南極大陸では、今年最低レベルの氷が記録されました」と、彼らは生物から明らかにしています。

WMO事務局長のPetteriTaalasは、世界の排出量に対応する差し迫った必要性があると強調しています。 「今、緊急の気候変動対策を講じなければ、今世紀末までに3°Cを超える温度上昇に向かっており、人間の健康にますます悪影響を及ぼしています。パリ協定の目標に近づくには至っていない」と述べた。

「日常的に、気候変動の影響は極端で異常な天候を通じて展開します。」そして、2019年もまた、天候と気候に関連するリスクが大きな打撃を受けました。 「1世紀に1度」のイベントであった熱波と洪水がより頻繁になっています。バハマから日本、モザンビークに至るまでの国々は、壊滅的な熱帯低気圧に見舞われました。野火は北極圏とオーストラリアを荒廃させた」とタアラスは説明した。


ビデオ: World Meteorological Organization Report: The Global Climate in 2015 - 2019: Part 2 of 2 (六月 2021).