トピック

La Via Campesinaは、タンザニアでの伝統的な種子の交換に関する最近の犯罪化を非難します

La Via Campesinaは、タンザニアでの伝統的な種子の交換に関する最近の犯罪化を非難します


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

私たちの恐れが確認され、私たちが戦ってきたすべてのもの:アフリカの緑の革命のための同盟 [1] (AGRA)、食料安全保障と栄養のための新しい同盟 [2] (NASAN)、東および南アフリカの共通市場 [3] (COMESA)と南部アフリカ開発コミュニティ [4](SADC)、種子調和規制システム。小規模生産者とそれぞれのさまざまな団体との協議は限られており、市民社会組織からの圧力を受けて、土壇場で開催されました。我々は、産業用種子取引を促進する種子調和政策の道筋が、制限のない種子の自由な交換に基づく伝統的な種子保全システムの犯罪化につながることを強調する。

タンザニアは、その領土だけでなく、調和システムに加入している他のアフリカ諸国や統治されている国々においても、社会的抗議の拡大につながる場合、影響を受ける人々の動員が見られる地域で最初の国です。 NAFSNによる。抗議行動が失敗した場合、他の政府がタンザニアの足跡をたどり、農民交換システムの広範な犯罪化の基礎を築くのを目にするでしょう。

「タンザニアは伝統的な種子交換を犯罪とする先駆者であり、小規模生産者とその同盟国は強力な対応をしなければなりません」とエリザベス・ムポフはZIMSOFF農民指導者とLVC一般調整に述べました。 「私たちは、政府の関与を含め、すべての手段を自由に利用します。ローマとジュネーブの国連機関を通じて」、FAOとUNHCRの両方に言及しました。

彼は、伝統的な食生活を教育し促進する意識向上キャンペーンを通じて、増加する都市人口(大規模な食品企業が獲得しようとしている大きな市場と戦場)に到達する必要性を繰り返した。新たな健康的な食事運動と気候変動に関する議論は、大手食品会社に対する意識を高める機会と資料を提供します。 「誰もがきれいな環境とおいしい料理を望んでいます」とエリザベス・ムポフは言います。 「私たちの伝統的な農業生態学の技術だけがこの要件を満たすことができるので、私たちはこのスピーチを利用して都市の対応者と対話するつもりです」と彼は付け加えました。

アフリカは、投資を熱望する政府が、地域社会の利益を考慮せず、むしろ自国の利益の増加と市場の拡大を考慮している民間企業に対応するという新しい段階に入った。

COMESA、SADC、NAFSNに加入している国の数を見ると、サハラ以南のアフリカの半分以上を占めています。つまり、4つの側面すべてで小規模農家の種子システムが完全に浸透し、管理されています」とリーダーのDelmahNdlovu氏は述べています。 ZIMSOFFの。これらの国のほとんどは、種子会社に有利な種子法の改革を実施するためにこれらの日を開始するため、これはすでに事実です。 「タンザニアは、アグリビジネスを支持して競争の場を不均衡にし、種子市場への自由な手綱と無制限のアクセスを与え、ひいては伝統的な種子の交換を妨げています。」これらはすべて、「種子条約」としても知られる食料農業植物遺伝資源に関する国際条約(ITPGRFA)の第9条と矛盾します。この条約は、「種子の保存、使用、交換、および農産物を売る」。

特定の地域での種子交換を制限することにより、タンザニア(および残念ながら同じ手順に従う他の政府)は、農民が種子を交換し、何を栽培するかを決定する自由に反対しています。これは、食糧主権を通じて、アグリビジネスに代わるものを構築するための鍵です。 。繰り返しますが、家族、親族関係、そしてそのような交流が強化するコミュニティを促進する私たちの文化に反します。

La Via Campesina SEAFとその同盟国は、これに対する動員のすべての手段を使い果たします。ジンバブエでは、ZIMSOFFは都市部の消費者が食事の決定に影響を与えることを目標としています。他の同様の農民組織と一緒に、彼らは伝統的な食品と種子の見本市を組織し、同様の毎年恒例の全国的なイベントに参加しています。これらはすべて、現在の食糧と種子の問題についての認識を高めることを目的としています。

これらの例は、他のアフリカ諸国に広がるはずであり、広がっています。アフリカの遺伝的生物多様性とその豊かな文化と価値観を保護するために、アフリカの人口が動員し、政府と他の社会経済的関係者の両方に圧力をかけることが重要です。私たちは私たちの生活に影響を与える決定を統治しなければなりません!

戦いは続き、勝利は確実です!

戦いをグローバル化し、希望をグローバル化しましょう!

[1] 化学肥料、「改良された」種子、農業研究の利用拡大を促進します

[2] アフリカの10か国に存在し、1)1991年の植物の新品種の保護のための国際連合(UPOV)と整合する種子法と政策、および2)民間投資を許可する土地所有政策の改革を推進しています。

[3] 主に種子取引に焦点を当てています

[4] 主に、識別性、均一性、安定性(DUE)に基づく品種提供システムに焦点を当てています。

カンペシーナ経由


ビデオ: 山田正彦元農水相種子法廃止はTPPによるものであり次に水道そして学校教育も民営化される多国籍企業の日本支配その端緒が種子である!!種苗法廃案を求める国会前抗議アクション座り込み行動 (七月 2022).


コメント:

  1. Guafi

    興味深い回顧展をありがとう!

  2. Samular

    今日はみんなの個人的なことはありますか?

  3. Jura

    And out of shame or shame!

  4. Nikozuru

    はい、わかります。これには何かがあり、これは非常に優れたアイデアだと思います。私はあなたに完全に同意します。

  5. Meztisho

    なんて魅力的な答えでしょう

  6. Sandu

    Yeah, well written



メッセージを書く