トピック

ICT、インターネット、人権、TNC

ICT、インターネット、人権、TNC


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

リチャード・ヒル、パーマインダー・ジート・シン

デジタルセクターの多国籍企業(TNC)は、権力の最高層を占めるものを含む実質的にすべての社会システム、および個人の個人的な生活の組織に存在するだけでなく、その形態はしばしばより独占的であり、他のセクターの場合よりもグローバル。

これは危険な状況を生み出し、デジタルTNCが私たちの社会的および経済的生活の重要な側面を制御し始めると、国民国家ベースの政治体制を通じて制御することがますます困難になります。これらの企業による前例のないレベルの脱税によって証明されるように、彼らは遠隔操作を実行し、本社と事業拠点をスムーズに移動する能力を持っています。

したがって、まず、デジタルTNCの作業を導くための新しい一連のグローバルな政策原則が必要であり、その中で国内体制は調和し、協力して効果的に機能することができます。そして第二に、補完的な方法で、すでに概説したグローバル原則で説明されているが、デジタルTNCのコンテキストに適用される、人権侵害を制限できる新しいグローバル手段が必要です。

次に、デジタルTNCに関連する人権のデジタルコンテキストについて簡単に説明し、人々の主権を立証し、多国籍企業の力を解体し、免責を終わらせるためのグローバルキャンペーンによって検討のために提供されたポイント1のいくつかを参照します。

1.人権に関連するTNCおよび他の企業に関する条約のアプローチと範囲。

法律がオフラインとオンラインの両方に適用されるかどうかは問題ではありません。したがって、すべての企業がオンラインとオフラインの両方で人権を尊重しなければならないことは間違いありません。また、これは、情報通信技術(ICT)全般、特にインターネットで活動している多国籍企業にも当てはまります。

ただし、多くの多国籍インターネット企業は、法人化された国の法律のみの対象であるかのように、さらに悪いことに、現在の国内法が適用されていないかのように振る舞うようです。たとえば、UberとAirBnBを考えてみましょう。これらのビジネスモデルは、それぞれ労働法とタクシー法、ホテル法が適用されないという前提に基づいています。これらの企業は、国内法の適用を拒否することにより、特定の人権、特に労働者の権利の遵守を回避しようとしています。

TNCに関する将来の条約は、オンラインの世界で事業を行う企業に明確かつ完全に適用可能である必要があり、公共政策の決定を行う人々の民主的な権利を保持する必要があります。デジタルTNCはどの州からでも運用でき、ある州から別の州に簡単に移動できることを考えると、そのような条約は、それらがグローバルエンティティであることを認識し、グローバルルールに従う必要があります。

2.TNCと人権に関連する政府の治外法権義務

最も人気のあるICT製品およびサービスの多くは、TNCによって提供されています。特に、インターネットの場合は、少数の企業が独占しています。政府は、その領土に本部または事業を置くTNCが世界的に人権を尊重することを保証する義務を負わなければなりません。

これらの権利には、プライバシーの権利が含まれます。ただし、主要なインターネット企業が提供するいわゆる「無料」サービスを使用する場合は、クリックするだけで接着契約を受け入れることでユーザーに権利を放棄させることにより、その特定の権利は定期的に侵害されます。

問題のサービスはまったく無料ではありません。ユーザーが提供するデータで料金が支払われます。このデータは貴重であり、主にターゲットを絞った広告の形でインターネット企業によって収益化されています。

国家には人権を保護する義務がありますが、デジタルトランスナショナルに関して実際に見られるのは、本部がある国家(特に米国)を国家が採用できるということです。もはやその義務を果たしていません。 TPP、TPIP、およびTISAの交渉はその一例です。米国(および他の州)は、プライバシーや他の市民権を保護する他の州の能力を低下させる貿易協定を推進しています。

3.条約の適用に関連するコンプライアンス手段

国境を越えた企業と人権に関する国際法廷の創設が提案されました。これは、国、地域、普遍的なメカニズムを補完するものとして機能し、影響を受ける個人とコミュニティが彼らの違反に対して正義を得ることができるように、独立した司法フォーラムへのアクセスを保証します。市民的、政治的、社会的、経済的、文化的および環境的権利。

このような法廷は、インターネットを含むICTの分野では、その分野のグローバルな性質と、支配的なTNCに国内法の遵守を強制することの難しさから、特に必要です。

さらに、特定のICTおよびインターネットの問題、たとえばドメイン名とインターネットアドレス、プライバシー、監視、暗号化、個人データの使用、アルゴリズムの使用などについては、国内法で適切に扱われていないため、特別な条約が必要です。特に、管轄区域間で大きな相違がありますが、ICT全般、特にインターネットは、グローバルに管理されなければならないグローバルな現象です。ドメイン名とインターネットアドレスに関する状況は、米国の法律の対象となる米国のエンティティであるICANNが、少なくとも名目上はそれらを完全に制御できるようになったことを考えると、特に明確です。

特定の条約や国際裁判所がない場合、実際には、ユーザーに課せられた契約書を通じて独自の法律を作成し、施行するのは支配的な民間企業です。

4.民主的ガバナンス

すでに述べたように、ICT分野の多くはいくつかのTNCによって支配されています。特に人権を保護し、企業の権力よりも民主主義を優先するために、これらの企業を規制する国家の主権を取り戻すことが重要です。

ガバナンスのいわゆる「マルチステークホルダー」モデルに対する賞賛は、特にインターネットの分野で流行しています。すべての利害関係者に相談して意思決定を行うことが重要であるというコンセンサスがありますが、そのモデルの支持者の一部は、すべての利害関係者が平等な意思決定権を持つべきであると主張しています。これは、民間企業に拒否権を与え、政府がすべての市民に関心のある公共政策を実施することを妨げることを意味します。

民主主義が基本的人権であることは論争の余地がありません。したがって、TNCに関する条約は、ICT全般、特にインターネットに関連する公共政策決定を行うために民主的なメカニズム3が使用されることを保証する必要があります。すべての人々は、ICTとインターネットの使用に影響を与える決定に影響を与えることができ、検閲や監視のない、手頃な価格で差別のないアクセス権を持っている必要があります。

特に、条約は実際に発生する問題に対処する必要があります。ある国の市民がデジタルTNCとの関係のある側面について質問すると、会社はその関係はその国の法律や管轄権の対象ではないと回答することがよくあります。 TNCの母国、多くの場合米国の法律と管轄権に対して、これは市民が自分たちの権利を保護することを非常に困難にします。

たとえば、米国を拠点とするクラウドサービスプロバイダーが一方的に契約条件を変更したり、すべての市民データを失って事業を閉鎖したりした場合、市民はどのような効果的な手段を利用できますか?

5.影響を受ける人の権利

Just Net Coalition4が述べているように:

「インターネットは、私たちの社会に大きな影響を与える非常に重要な社会インフラになっています。私たちは、インターネットを使用する少数派であろうと、使用しない多数派であろうと、インターネットによって媒介される世界の市民です。私たちの世界では、インターネットは人権と社会正義の進歩に貢献しなければなりません。インターネットガバナンスは真に民主的でなければなりません。 (…)

「大企業や一部の国の政府など、権力を持つ人々によるインターネットの制御が拡大しているため、大多数がインターネットの真のメリットに参加し、その大きな可能性を完全に実現する機会は挫折しています。彼らは影響力の中心的な立場を利用して権力を強化し、新しい世界的な統制と搾取の体制を確立します。そして、自由化を支持するという口実の下で、彼らは実際に公益を損なう大企業の支配と収益性を強化し、世界の利益と福祉を損なう特定の国益の支配的な立場を課します。

「インターネットのグローバルガバナンスの既存の順序は不十分です。それは民主主義を欠いています。それは、正当性、説明責任、透明性の欠如を特徴としています。規制機関の従属につながる企業の過度の影響による。そしてそれは、特に開発途上国からの人々の効果的な参加の機会をほとんど与えません。この状況は、現在のガバナンスメカニズムの根本的な変更によってのみ改善することができます。」

人権に関するTNCに関する条約は、私たちが必要とする根本的な変化に向けた重要な一歩となるでしょう。

(ALAI翻訳)。

-リチャードヒルは、適切なインターネットガバナンス協会の会長です。
--Parminder Jeet Singhは、インドのIT forChangeのメンバーです。
彼らは両方ともJustNetCoalitionのメンバーです。

ALAINET

http://www.alainet.org


ビデオ: インターネットを24時間365日支える仕組みとは (七月 2022).


コメント:

  1. Thieny

    私は英語のブログで同様の投稿を繰り返し読んでいますが、あなたの投稿が気に入らなかったということはわかりません。

  2. Raed

    もちろん、私は謝罪しますが、私の意見では、このトピックはもはや関連性がありません。

  3. Baris

    それが必要です。良いテーマ、私は参加します。一緒に私たちは正しい答えに来ることができます。

  4. Lun

    必要な限り。



メッセージを書く