トピック

化石燃料が燃え続けると、地球は10ºCの大規模な温暖化に見舞われる可能性があります

化石燃料が燃え続けると、地球は10ºCの大規模な温暖化に見舞われる可能性があります


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ダミアン・キャリントン

新しい研究によると、化石燃料が燃やされた場合、地球は今日よりも10°C暖かい灼熱の熱に突入し、一部の地域は居住できなくなり、人間の健康、食糧供給、経済に深刻な被害をもたらします。
今日すでに急速に温暖化している北極圏は、さらに温暖化するでしょう-2300年までに20°C-新しい研究は極端なシナリオに投げ込まれました。
「気候変動を緩和するための対策が講じられなかった場合に何が起こるかを知ることは非常に重要だと思います」と、新しい研究を主導したカナダのビクトリア大学のKatarzynaTokarskaは言いました。 「私たちはパリの気候変動協定を結んでいますが、これまでのところ何の行動もありません。[この調査]は警告メッセージです。」
化石燃料の燃焼からすでに排出された炭素は、深刻な地球温暖化を引き起こしました。2016年はほぼ間違いなくこれまでに記録された中で最も暑い年であり、2015年を上回り、2014年の記録的な年を上回りました。他の最近の研究では、極端な熱波が、湾岸などの世界の一部の地域で人間の抵抗を超えて気候を押し上げ、居住不可能にする可能性があることが示されています。
12月のパリでは、世界各国が、地球温暖化温度の上昇を2℃未満に制限することを目的とした気候変動協定に合意しました。これは、1兆トンの炭素の排出に相当します。世界の排出量の最近の傾向が続くとすれば、今世紀末までに約2兆トンが排出されるでしょう。
Nature Climate Changeに掲載された新作は、5TNの大量の炭素排出の影響を考慮しています。これは、現在知られているすべての化石燃料の燃焼に関する最低の見積もりですが、将来発見されるものや新しい抽出技術によって許可されるものは含まれていません。
研究者たちは一連の洗練された気候モデルを使用し、このCO2の増加により、2300年までに世界中で平均8℃の表面温度の上昇につながることを発見しました。他の温室効果ガスの影響を加えると、上昇は10℃になります。
モデルによって予測された温暖化は、世界中で均一ではありませんでした。北極圏では、CO2のレベルが高くなると、年間を通じて17ºCの温暖化が起こり、さらに3Cの温室効果ガスが発生しました。これらの増加は、以前の包括的ではないモデルによって示されたものよりも大きく、海洋がどのように熱を奪うかをモデル化する際の精度が低くなっています。 2月までに、北極圏の一部はすでに通常より16℃高い気温を記録していました。
化石燃料の燃焼による温暖化も降雨に大きな影響を及ぼします。新しい調査によると、降水量は中央アメリカと北アフリカの一部で3分の2減少し、オーストラリア、地中海、アフリカ南部、アマゾンの一部で半分減少しています。
スイスのETHチューリッヒにあり、新しい作業に関与していないThomasFrölicherは次のように述べています。「化石燃料排出量の現在の傾向がパリの2°Cの目標を超える温度につながる可能性があることを考えると、政治家は何を明確に把握する必要があります。意味のある気候政策が実施されていない場合、数十年と数世紀の両方の時間スケールで危機に瀕しています。化石燃料資源の規制されていない搾取は、著しく深い気候変動につながる可能性があります。」

保護者


ビデオ: 消火活動太陽に5000垓リットルの水をかけるとどうなるのか (七月 2022).


コメント:

  1. Walfrid

    アイデアは驚くべきタイムリーです

  2. Riyad

    申し訳ありませんが、私の意見ではあなたは間違っています。

  3. Aeson

    新しい投稿、私見は最近珍すぎます:)

  4. Bedivere

    この質問を削除しました

  5. Yohn

    素晴らしいテーマ、とても楽しい:)

  6. Onfroi

    とても良い考えです



メッセージを書く