トピック

事故以来、福島周辺の放射能は65%減少しました

事故以来、福島周辺の放射能は65%減少しました

日本の当局は本日、福島原子力発電所周辺の半径80キロメートル以内の放射能レベルが2011年3月の原発事故以来65パーセント減少したと報告した。

原子力規制委員会(NRA)によって収集され、本日Efeに提供されたデータは、過去5年間に実施された除染作業のおかげで、プラントに最も近い地域の放射線が大幅に減少したことを示しています。

工場北西部の高レベルの放射線(1時間あたり19マイクロシーベルト以上)の影響を受ける地域は、事故後の最初の月から昨年11月の初めに実施された最後の測定ま​​で大幅に減少しました。

原子力規制委員会の報告によると、ミヤギ県と福島県の南、隣接するイバラキの北の町では、0.1から1.9マイクロシーベルトのレベルの地域でも放射線が減少している。

日本の原子力規制当局は、地上1メートルの高さでヘリコプターが行った放射線測定からこのデータを収集しました。

2011年3月11日の地震と津波による原子力危機の発生後、日本政府は、原子力発電所から最大30 kmの距離にある8つの自治体の全体的または部分的な避難を命じ、それ以来、約70,000家に帰れるのなら、人々は続けてきました。

福島の事故は1986年のチェルノブイリ(ウクライナ)以来最悪の原発事故と見なされており、その排出と排出も地元の漁業、農業、家畜に深刻な影響を及ぼしました。

EFEverde


ビデオ: 安倍首相は現実を無視JR東日本常磐線放射能災害のリアル現地写真で見る福島第一原発事故がもたらした未だに続く常磐線放射能汚染元朝日新聞記者ジャーナリスト烏賀陽弘道と一月万冊清水有高 (六月 2021).