トピック

西南極で雪解けの崩壊が始まりましたか?

西南極で雪解けの崩壊が始まりましたか?

国立科学アカデミー(PNAS)のジャーナルProceedingsが本日発表した研究によると、西南極氷床は数百年の不可逆的な崩壊を開始し、海面を最大3メートル上昇させる可能性があります。

これは、ポツダム気候影響研究所(ドイツ)の科学者がコンピューターシミュレーションを使用したモデルから行った調査の結論です。

この研究は、現在の速度でさらに60年間解凍すると、西南極氷床がしきい値を超え、それを超えると完全に長期的な崩壊が起こる可能性があることを示しました。

著者によると、西南極氷床がすでに不安定になっている場合は、はるかに早くしきい値に達するか、すでに超えている可能性があります。

さらに、研究によれば、不安定化が始まった場合、今後数世紀で最大3メートルの海面上昇を回避することは不可能であることが示唆されています。

これまでのところ、多くの研究が、特に不安定さがすでに始まっているアムンゼン海セクターで、西南極が毎年より多くの氷を失っていることを示しています。

科学者のヨハンズフェルドマンとアンダースレバーマンは、アラスカ大学とポツダム気候影響研究所が開発した「平行氷床モデル」を使ってシミュレーションを行い、アムンドセンセクターの不安定さが全体の崩壊につながる可能性があるかどうかを確認しました。海の氷床。

EFEverde


ビデオ: 来週は関東より西で気温が高い一方北海道は低温の予想気象庁早期天候情報 (六月 2021).