トピック

モンテマイス:ある研究によると、6歳から7歳の少年の半数が喘息を患っています

モンテマイス:ある研究によると、6歳から7歳の少年の半数が喘息を患っています


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

コルドバ国立大学の小児科クリニック議長と環境と健康の大学ネットワーク/燻蒸された町の医師によって実施された研究によると、モンテマイスの子供たちは世界的な割合と比較して喘息の有病率が大幅に増加しています病気だけでなく、州の平均的な指標。

この研究によると、6〜7歳の子供のうち52.43%が喘息を患っていますが、アルゼンチンの2014年のグローバル喘息レポートの割合はその年齢層で10〜20%です。

さらに、13歳と14歳の子供では、モンテマイスで見つかった病気の有病率は39.86%に達しますが、グローバル喘息レポートの国の指標は、その年齢層では10〜20%のままです。

「この作品は「コルドバの農業都市における気管支喘息の有病率」と呼ばれ、2014年10月にモンテマイスで実施された社会環境健康分析の構成要素であり、今週の金曜日に第37回アルゼンチン会議で発表されます。小児科は、Conarpe 2015の科学委員会によって評価および承認された後、その著者の1人であるMedardoÁvilaVázquez医師を確認しました。

AvilaVázquezは、コルドバ市に対応する調査と比較した場合、農業地域での有病率の増加も観察されると指定しました。「2013年のIsaacフェーズIII調査では、13歳と14歳の子供で13.6%の割合が見つかりました。 。」

医師は、これらのカットオフグループは国際的に採用されている(6歳と7歳、13歳と14歳)と説明しました。有病率の低下。

AvilaVázquezはまた、「昨年の気管支拡張薬の使用と喘鳴の存在は喘息の診断に陽性であると考えられた」と述べた。

結論は、「喘息の有病率は世界的およびコルドバ率に関して大幅に増加した」こと、および「農薬による重大な環境汚染」の観察を強調しています。 「農薬と喘息を結びつける研究に基づいて、喘息の症例の増加に寄与する可能性があることを示唆する一貫した関連性があると推測します。」

この研究は、UNCの地理学者によって実施された汚染物質の地理的調査と地理参照、およびラプラタ国立大学の化学者によって実施された環境マトリックス内のサンプル中の汚染物質のモニタリング、および構造化された人口による、観察的、横断的です。医師と医学生による調査。

この研究もまた、モンテ・マイスで癌やその他の病気の発生率が増加していることを発見した研究の一部であり、UNCや農業生産に関連する分野で激しい論争を引き起こしました。


ビデオ: YouTube保健室小児喘息について元養護教諭が説明してみた (七月 2022).


コメント:

  1. Kazrabei

    説明してくれてありがとう。すべての独創的なのは簡単です。

  2. Carrado

    ご迷惑をおかけして申し訳ありません...私も同様の状況にあります。話し合うことができます。

  3. Case

    それは残念です、今私は表現できません - 私は仕事を急いでいます。私は解放されます - 私は必ずこの質問について意見を表明します。

  4. Kagarr

    誰に尋ねることができますか?

  5. Fidele

    比類のないトピック、それは私にとって興味深いです)))))

  6. Shahn

    同意する、これは注目に値する作品です



メッセージを書く