トピック

木がないこと自体が感じられます

木がないこと自体が感じられます


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

フェルナンド・コラウッティ

コルドバでは、暴風雨は目新しいものではありません。数十年前、中央および南部の州の多くでは、砂丘が荒れ狂っていました。風がたまっていた耐え難いほこりの山についての逸話は、最もベテランの間でも記憶されています。

しかし、良い記憶はまた、砂丘が内部の人々を埋めないように土地を耕す方法を変えることに加えて(それを動かすためのすきなしで)、森のカーテンが助けました、それはそれらの多くで障害。

数十年後、問題は変化しましたが、終わりませんでした。そして、極南などの一部の地域では、問題が再び発生しました。

一般的に、今日、町や都市の周辺に森のカーテンは見られなくなりました。さらに悪いことに、農村地域にはほとんど木が立っていません。

コルドバン平原の原生林は非常に減少しているため、目に見えると、小さいながらも注目を集めます。農地は巨大な耕作可能な海のように広がり、景観を「遮る」木はほとんどありません。

たとえば、コルドバの最南端では、かつてはその主な特徴であった「カルデン」の森が、今日では「ますます小さな保護区」に縮小されています。

中央地帯では、農村部の植林は長い間過去のイメージに過ぎないと思われていました。

北は残っており、過去10年間で、農業フロンティアの拡大により森林面積が著しく減少しました。

この枠組みの中で、近年、州が発表した2つの農村植林計画。実現しなかった。どちらも、正確には、「風と水の浸食を減らす」という公式の目的が宣言されて提示されました。

2011年、コルドバ政府は州議会にプロジェクトを提出しました。このプロジェクトでは、所有者の要件として、また道路の路肩に、5年間で1,700万本の木がすべての分野に植えられます。その法律は決して可決されなかった。

同じことが今までに起こっており、2013年6月に発表されたものでは、各畑にその表面の少なくとも1パーセントを植林することを要求しようとしていました。

土壌固定樹木の存在は、地嵐の侵食と緩和に対する唯一の答えではありません。その目的には十分ではありませんが、必要に応じて認定することができます。しかし、それは明らかに、それが進んだよりも多くが戻ってきた変数です。


ビデオ: 24 石破茂元防衛大臣に聞く米軍との極秘合意は本当にあったのか? #辺野古を考える 沖縄タイムス 共同企画 (七月 2022).


コメント:

  1. Tayson

    あなたは間違っていると思います。 PMで私に手紙を書いてください、私たちはそれを処理します。

  2. Gutaur

    あなたは正しくありません。私はそれを証明することができます。PMで私に手紙を書いてください、私たちは連絡します。



メッセージを書く